So-net無料ブログ作成
検索選択

谷川馬蹄形 連続2周トレイル(2012.08.28~29) [トレラン練習]

行ってきました谷川馬蹄形 連続2周!!

10日前(2012.8.18)に、初めて谷川馬蹄形を回った。
(その日の記事はコチラ→ 【谷川馬蹄形縦走トレイル(2012.8.18)】)

その日から、ひとり妄想していた 「馬蹄形連続2周できないかなぁ・・・?」
2周連続で回るには、ナイトトレイルは避けられない。
夜中の馬蹄形で万が一の事を考えると少々ビビりが入り、実行する前日の夜は就寝中に度々目が覚めた。
そして、2012.8.28(火) 29(水) 急遽仕事が休みになったので単独でヤッてみた!

コース図
1周目は反時計回り
2周目は時計回り
谷川馬蹄形2周(縦).jpg

『谷川馬蹄形を連続2周する!』 って宣言しといて出来なかったらカッコ悪いから、周りには内緒で敢行!
10日前初めての馬蹄形を一緒に回った上州山楽走のミルクさんに相談しつつ計画を立てて、ウチの奥様に山行内容を告げて出発=3

コースタイム
【 1周目 】
13:00 白毛門登山口出発
14:33 松ノ木沢ノ頭
15:30 白毛門
16:20 笠ケ岳
17:23 朝日岳   ①水場(給水)
18:05 ジャンクションピーク
18:40 池ノ窪
19:07 清水峠   ②水場(パス)
19:48 七ツ小屋山
20:25 蓬ヒュッテ ③水場(パス)
21:03 武能岳
22:43 茂倉岳   ④水場(パス)
23:03 一ノ倉
00:03 オキの耳
00:23 トマの耳
00:28 肩の小屋
01:35 ラクダのコル
03:07 西黒尾根登山口到着
所要時間 約14時間

【ハーフタイム】
03:07~06:15 2周目の水分・食糧を追加補給、休憩
所要時間 約3時間

【 2周目 】
06:15 西黒尾根登山口出発
07:43 ラクダのコル
08:45 肩の小屋
09:10 トマの耳
09:23 オキの耳
10:25 一ノ倉
10:45 茂倉岳   ④水場(パス)
12:25 武能岳
13:10 蓬ヒュッテ ③水場(給水)
14:42 七ツ小屋山
15:42 清水峠   ②水場(パス)
16:10 池ノ窪
17:47 ジャンクションピーク
18:27 朝日岳   ①水場(給水)
19:43 笠ケ岳
20:40 白毛門
21:30 松ノ木沢ノ頭
23:00 白毛門登山口到着
所要時間 約17時間

合計約31時間(ハーフタイムの約3時間を除く)

なんとか無事完走♪
「無事完走」とは言っても想像以上の苦行だった・・・
真夜中の馬蹄形は、暗闇・極寒・濃霧・突風・獣の香りでチョ~怖い
獣の香りがする度に、熊鈴を手で激しく鳴らして自分の存在をアピールした(>_<;)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

山行メンバー
単独(ひとりぼっち)
IMG_20120829_092437.jpg
装備
↑ サンバイザー、Tシャツ、手袋、ロングタイツ&短パン&finetrackフラッドラッシュパワーメッシュ(下)
トレランシューズ&ゲイター

リュック
GREGORY ルーファス 8リットル
IMG_20120828_073527.jpg

水分
約3リットル(ハイドレーション2リットル+ボトル500mL2本)
ハイドレーションを保温シートで包んで快適♪
IMG_20120828_070737.jpg

その他
ヘッドライト、ハンドライト、カッパ(上下)、finetrackフラッドラッシュパワーメッシュ(上)
ちり紙、タオル、折り畳み式ラバーカップ
持ち物.jpg

オリジナルサバイバルセット
(コンパス、ライター、笛、安全ピン、ナイフ、現金、保険証コピー)
オリジナルサバイバルセット.jpg

ファーストエイドセット
(テーピング、エアーサロンパス、ワセリン、絆創膏、ポイズンリムーバ
マキロン(ダイソーで買った香水詰替用アトマイザーにマキロンを入れて携帯))
ファーストエイドセット.jpg

地図(登山地図&地形図)
IMG_20120819_114709.jpg

標高図
ミルクさんから借りた標高図
馬蹄形の時計回りは初めてだったので、イメージアップにとっても役に立ちました。ミルクさんありがとねm(__)m
IMG_20120828_114330.jpg

食糧
【消費した食糧】
サンドイッチ3個、おにぎり1個、ウィダインゼリー1袋、大福1個、浅漬けきゅうり
MUSASHI リプレニッシュ2袋、エンライテン(enlyten)数枚、アミノバイタル2袋、ベスパ1個
男梅2~3粒、チューイングキャンディー、コーラ300 mL 1本、缶コーヒー1本、栄養ドリンク1本
消費食料.jpg

【余った食糧】
おにぎり1個、サンドイッチ1個、ウィダインゼリー2袋、スポーツようかん2個、パワーバー1個、アミノバイタル2袋
※今回も かなりの食糧が余ってしまった(^。^;)
余った食料.jpg
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


前回も寄ったここ、水上ICから谷川岳まで唯一のコンビニ
現地に着いてから忘れ物に気付いても遅いので、ここで準備をします。
IMG_20120828_114705.jpg

1周回ったら水と食料を補充するため、24時間出入り自由な谷川ロープウェイ施設の1階に車を停める。
IMG_20120828_122949.jpg

1周目は白毛門登山口から登る反時計回り
過酷な山行になると思われるので登山カードを提出
このカードが役に立つ事なく、無事ここに帰って来れる事を祈る (-人-)
IMG_20120828_124732.jpg

13:00 白毛門登山口出発
昼過ぎなのでメッチャ暑い(>_<;)
IMG_20120828_124708.jpg
上流の方から川遊びをしてる人達の声が聞こえる。涼しそうでいいなぁ
IMG_20120828_125440.jpg

明るい時間帯にここを登るのは初めて。 こんなに根っこが出てたんだね。
IMG_20120828_131702.jpg

14:33 松ノ木沢ノ頭
IMG_20120828_143350.jpg
この日も快晴で絶景絶景~♪
土合がもうあんな下の方に見える
IMG_20120828_143006.jpg

次のピークは白毛門▲
スライド1.JPG

10日前来た時に間違えて直登してしまい、やぶこぎするはめになったここ(^。^;)
チョット分かりにくいけど、右側に進む道があるので、そこを行きます。
分かれ道.jpg

今回はやぶこぎをせずに
15:30 白毛門に到着
IMG_20120828_153142.jpg

ウチの奥様が用意してくれたサンドイッチでエネルギー補給
「 いただきます!」 (^o^)
IMG_20120828_152330.jpg

次のピークは笠ヶ岳▲
明るいうちに出来るだけ距離を稼いでおきたいので先を急ぐ=3
IMG_20120828_161242.jpg

16:20 笠ケ岳
IMG_20120828_162139.jpg

ここから朝日岳までが、なかなか遠い(>_<)
IMG_20120828_162458.jpg

17:23 朝日岳
IMG_20120828_172319.jpg

水場で給水 「山の湧水は冷たくてサイコー♪」
IMG_20120828_173956.jpg

ついさっきまで明るかったのに、急にガスが出てきて日が傾き始めた
IMG_20120828_174811.jpg

18:05 ジャンクションピーク
足元が見えてるうちに、なるべく進もう =3
IMG_20120828_180424.jpg

18:40 池ノ窪
そろそろ見えなくなってきた(;><)
IMG_20120828_183923.jpg

送電線の鉄塔下から見る清水峠
IMG_20120828_184748.jpg
もう真っ黒・・・(-_-;)
山の暗闇ってホント、「暗い」じゃなくて「黒い」・・・
IMG_20120828_184827.jpg

ここでライト登場 (^o^)/☆
愛用ライトは、闇を切り裂く200ルーメン!!
ヘッドランプで足元を照らして、ハンドライトで行き先を照らす。
両方とも200ルーメンの物なのでチョ~明るい♪
ちなみに愛用ライトはコレ

19:07 清水峠
ひと気の無い避難小屋はかなり怖い雰囲気・・・
IMG_20120828_190719.jpg

この馬蹄形連続2周を決行するのは月齢の高い日に と決めていた。
この日の月齢は「10」 
満月の14よりは劣るけどなかなか高い!
明るい月光が闇を照らしてくれる事を期待していたけど、濃霧と雲に隠れてせっかくの月光が全然届かない・・・
時々雲の切れ間から月あかりが差すと、照らされた物の影ができるほど明るく、少し先の山まで見える。
ずっとこんな風に見えてればいいのに・・・
IMG_20120828_190957.jpg

ライトを点けないと何も見えない真っ黒な世界・・・ ここからナイトトレイル開始!
ナイトトレイルがナイトサファリにならない事を祈る…( ̄人 ̄;)
IMG_20120828_233802.jpg

19:48 七ツ小屋山
8月夏真っ盛りなのに、少し立ち止まると一気に身体が冷えてガタガタ震えるほど寒い (((;゚Д゚)))サミィ~
稜線上では突風が吹いて、吹き飛ばされそうになる。
風にあおられた笹やぶが、ガサガサいう度にドキッとする Σ(゚Д゚;) ドキッ
普段 街にいる時、暗闇で怖いのは幽霊(の妄想)
でも 山にいる時は、幽霊なんかよりも獣の方が怖い(>_<) クマコエ~
IMG_20120828_194820.jpg

20:25 蓬ヒュッテ
ここは予約制で宿泊できる小屋で、この日も誰か泊まっているかもしれないので
安眠妨害しないように熊鈴の音を消して通過 =3
IMG_20120828_202410.jpg

ずっと遠くに新潟の街灯りが見える。
単独で暗闇のトレイルを長時間走っている時、人工物が見えるとホッとする ε- (´∀`*) ホッ
関越道 土樽PAの灯りが見えて、走っている車も見える。
それをしばらく見て安心感を得て、また暗闇のトレイルを走り出す ε=ε=┏( >_<)┛
IMG_20120828_194501.jpg

21:03 武能岳
この区間を通り過ぎると、街明かりが見えなくなってまた不安になる。
濃霧と突風の影響で数メートル先しか見えず、時々臭う獣の香りにビビりながら
『ここ(夜の山)は、人間が活動するフィールドではない』という事に改めて気がつく・・・
馬蹄形を2周回る事の他に『無事に生きて帰る』という目標がデキた!
IMG_20120828_210320.jpg

22:43 茂倉岳
立ち止まると濃霧と突風で身体が急激に冷やされる。
10分止まったら、もう動けなくなるほど寒い (((;゚Д゚))) ガタガタブルブル
昼間 暑くて暑くて、あんなに苦しめられた太陽の明かりと熱が恋しい
日光のありがたみをつくづく感じる。
 
あまりに怖くて『ここを早く通り抜けたい』という気持ちの連続で足早になり
日が落ちてからは、あまり休憩せずに進んだ。
立ち止まると熊鈴が鳴らなくなり怖くなるから、脚の疲れを忘れて進んだ=3
IMG_20120828_224304.jpg

23:03 一ノ倉
雨と寒さ対策でカッパ上下を持っていたけど、カッパを着てゆっくり歩くと怖い思いをする時間が長くなるので、極寒の夜中も昼間と同じ半袖1枚のまま、身体が冷えない速度で進み続けた=3
平らな場所と緩い下りはなるべく走り、カッパは結局 一度も着る事はなかった。
IMG_20120828_230221.jpg

暗いだけで疲れる・・・
暗闇の鎖場、暗闇のノゾキ、暗闇の鳥居を越えて
IMG_20120828_232959.jpg
IMG_20120828_233237.jpg
IMG_20120828_235703.jpg

00:03 オキの耳
ここまで来ると、少しホッとする ε-(´∀`*)ホッ
IMG_20120829_000347.jpg

00:23 トマの耳
でも、暗闇の山頂にひとりぼっちでチョ~怖い
IMG_20120829_002227.jpg

00:28 肩の小屋
あとは西黒尾根を下りるだけ。
ここで少し緊張が解けたのか、この日初めて『疲れた』『眠い』と感じた。
IMG_20120829_002835.jpg

01:35 ラクダのコル
IMG_20120829_013544.jpg

4つの鎖場を下りて
IMG_20120829_015113.jpg

林の中の道を下る
昼間だったら走れるこの下りも、疲れた脚とライトの灯りでは思うように走れない・・・
IMG_20120829_020140.jpg

03:07 西黒尾根登山口到着
所要時間 約14時間
IMG_20120829_030709.jpg

久しぶりのアスファルトと、谷川岳休憩舎の明るい外灯にホッと安心(*^_^*)
湧き水で手や顔を洗わせてもらい気分もサッパリ ♪
IMG_20120829_032020.jpg

とりあえずロープウェイ駐車場に停めた車に戻って、2周目の食料と水分を準備しながら
ホントに2周目行くか自分自身の意志を確認する。

ナイトトレイルで疲れきった心身をリフレッシュするため
トイレの洗面台で手を洗い、顔を洗い、頭を洗い、ボディータオルで全身を拭いて、ウエアも全部乾いた物に着替える。
暗い中またスタートするのは、さすがに気持ちが進まないので、約1時間ほど車内で仮眠をとって日の出を待つ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日が登り、明るくなると
『もう1周行ってみよう!』 と前向きな意志が確認できたので、再び西黒尾根登山口に向かう。
IMG_20120828_123130.jpg

2周とも反時計回りってのも芸が無いので、2周目は時計回りで
06:15 西黒尾根登山口出発
IMG_20120829_061450.jpg

2日目も快晴! ずっと遠くの山まで見える♪
IMG_20120829_073208.jpg

07:43 ラクダのコル
夜と違って足元が良く見えるのと、約1時間寝たお陰でいいペースで登れる♪
IMG_20120829_074339.jpg

向こう側の稜線上に、馬蹄形2周目の最終ピーク白毛門が見える。
なんとか、あそこまで進みたい =3
馬蹄形2周 パノラマ.jpg

08:45 肩の小屋
ここで飲み物を調達したかったけど、あいにく小屋は留守で何も買えなかった(T_T)
IMG_20120829_084434.jpg

でも、10日前に来た時は雲で見えなかった万太郎山へ続く稜線がハッキリクッキリ見えて感動!
来年は、肩の小屋~平標山を往復してみようかな(^_^)
IMG_20120829_084525.jpg

09:10 トマの耳
IMG_20120829_091120.jpg

09:23 オキの耳
IMG_20120829_092340.jpg

遥か遠くに、これから目指す朝日岳~白毛門の稜線が見える。
これからまだあそこまで行くのかと思うと気が遠くなる・・・
清水峠ー白毛門.jpg

10:25 一ノ倉
昨夜、夜中のトレイルを進んでいる時は『暗いだけで疲れる』『太陽の明かりが恋しい』と思っていたけど
陽が登るとカンカン照りの無風状態で 『暑いだけで疲れる』『夕べの寒さと突風が恋しい』と思う(>_<)
IMG_20120829_102443.jpg

10:45 茂倉岳
稜線上は日陰がなくチョ~暑い (;´д`)ゞ アチィー
夜中あんなにイヤだった霧と突風が今は恋しい・・・
IMG_20120829_104428.jpg

反時計回りの、武能岳~茂倉岳の登りは長くてとても大変だけど
時計回りで下る茂倉岳~武能岳は、あっという間だった。
IMG_20120829_111224.jpg

12:25 武能岳
IMG_20120829_122411.jpg

長時間 直射日光にさらされて、暑くて暑くて色んな物が欲しかった。
『冷たいアイスコーヒーが飲みたい!』 『キンキンに冷えたコーラが飲みたい!』 
『ガリガリ君が喰いたい!』 『ずっと下の方に見える、あの沢に飛び込みたい!』
ヽ(;´Д`)ノ コンチキショ~
IMG_20120829_124738.jpg

13:10 蓬ヒュッテ
IMG_20120829_131042.jpg

ロスタイムにはなるけど、暑くて水の消費量が多いので ここで水場まで足を伸ばして水分補給
ここの水はやっぱりサイコー! 氷水のように冷たくて加熱した身体を冷してくれる ♪
IMG_20120829_133041.jpg

蓬ヒュッテに戻り、次のピーク七ツ小屋山を目指して前進再開=3
この辺りまではそれなりのペースで進んで来たけど、過労のせいかここらで脚が終わってしまった…
ここからは、惰性と気力だけで進むしかない(>_<)
IMG_20120829_135121.jpg

14:42 七ツ小屋山
IMG_20120829_144240.jpg

白毛門まではまだ遠い・・・
馬蹄形2周 パノラマ2-001.jpg

ずっと遠くに、夕べ 街灯りで元気をくれた街が見える。
普段生活してる街と、いま自分がいるココは全く別世界だな・・・
IMG_20120829_144531.jpg

やっと清水峠が見えた!
時計回りで見る清水峠もなかなかイイけど、その先に見える朝日岳への登りは言葉につまる・・・
IMG_20120829_152331.jpg

馬蹄形2周目もいよいよ後半戦!!
スライド4.JPG

15:42 清水峠
夕べ、暗闇で見た避難小屋とは全く別の顔
でも、うかうかしてられない。 もうすぐ陽が傾いてくる=3
IMG_20120829_154154.jpg

16:10 池ノ窪
この明るさならまだ谷川双耳峰が見える。IMG_20120829_161008.jpg

もうすでに終わってしまった脚で、これを登らなければならない・・・
IMG_20120829_163348.jpg

登っても登っても頂上が近付かない・・・
疲労と睡眠不足で思考能力が低下したせいか、この辺りで ふと ヤブの中から、たこ焼きの匂いがした!
幻匂? ( ̄_ ̄ )。o0(誰か食べてた?)
IMG_20120829_164552.jpg

登り始めて約1時間半
17:47 ジャンクションピーク
IMG_20120829_174732.jpg

登りきると、すでに陽は傾いて夕暮れ時に
IMG_20120829_173731.jpg

朝日岳の水場で最後の水分補給
ここで、とっておきの缶珈琲とコーラ登場!!
今朝、西黒尾根を登り始める前に『ここぞという時に飲もう』と、自販機で買っておいた♪
湧水で冷やして美味しくいただきました (^_^)v 元気チャージ完了!
IMG_20120829_182103.jpg

18:27 朝日岳
IMG_20120829_182808.jpg

ついさっきまで 暑くて汗ダラダラかいてたのに、陽が傾いて 代わりに明るい月が登ってきた途端に
気温がガクッと下がって寒くなった ((( ´д`))) サムー
急激な気温の変化の影響で、笹の葉の表面にも水滴が現れてロングタイツが濡れる。
冷えて体温を奪われないようにペースを上げる=3
IMG_20120829_182852.jpg

19:43 笠ケ岳
IMG_20120829_194303.jpg
夜間みる避難小屋はやっぱり怖い・・・
こんなトコに独りで泊まるのはムリ(>_<)
IMG_20120829_194043.jpg

今朝 『2周目は明るいうちにゴールしたい』 と思って出発したのに、途中で脚が終わってしまったせいで
結局またナイトラン・・・
しかも、時計回りでこの道を進むのはコレが初めて。 時々「あれ?道まちがえたかな?」と不安になり
地図を見直す。

そしてここからが長かった・・・
終わった脚で暗闇の下り坂を進む。踏ん張りがきかないからペースが落ちる。
あまりに長く感じて、道を間違えた不安に陥り 何度も地図を見直しながら、なんとか
20:40 白毛門
IMG_20120829_203944.jpg

暗闇の下り坂を勢いよく下ると何があるか分からないので、行き先を照らして安全を確認しながら進む=3

ふと、ライトを照らした先で何かが反射して光った!! Σ(゚д゚lll) ナニッ?!
立ち止まってもう一度照らしてみると、動物が登山道の真ん中で立ち止まってる。
何の動物だろう? 大きさからして熊ではなさそう ε-(´∀`*)ホッ
小柄で地面に4本足を着いている。 サルか?
熊鈴を激しく鳴らしても逃げる様子はない。
『おそらくあちらも、このままやり過ごすつもりで、じっとしてるのだろう』 と思い、少しずつ接近してみる。

すると、その動物は『ピョンッ』と跳ねて藪の中へ逃げて行った。
『うさぎかぁ…』 (A´∇`)=3 フゥ
でも、うさぎがいるという事は、うさぎを補食している動物もこのあたりに住んでるはず! という事で
足早に通過するε=ε=┏( >_<)┛                             ( ※イメージ写真 )
d0057333_22445027.jpg

21:30 松ノ木沢ノ頭
IMG_20120829_212917.jpg

このあたりから、更に思考が鈍くなってきた(>_<;)
白毛門の下りは、下っても下っても永遠に終わらないほど長く感じ
途中 登山道の真ん中にある、大きめの岩が熊に見えて立ち止まり
迂回路を探す為に暗闇の中 藪こぎをしてコースを外れたり・・・

さっき休憩した場所に、何か忘れ物をしたような気がして 『戻ってみようか?』 なんて事が頭をよぎる。
実際は忘れ物なんてしていないのに、疲労困憊で狂った思考が、自分自身をアブナイ方向へ導きそうになる・・・
( ※暗闇に熊 のイメージ )
IMG_20120919_181300.jpg

四苦八苦しながら下り
23:00 白毛門登山口到着 \(^o^)/ゴール!!
(所要時間 約17時間)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

家に着いて、風呂上がりに体重計に乗ってみると、何年ぶりだろう? 体重が50kg代に減ってた。
脂肪率も1桁代に。  でもこれって、減量じゃなくて衰弱?(^。^;)

翌日シューズを洗っていたら、穴があいてたり、ゴムがはがれてたり・・・
このシューズも、もう寿命かな・・・
IMG_20120831_141748.jpg

この挑戦を終えてみて、改めて自分の実力にそぐわない無謀すぎる挑戦だった事に気付いた。
「生きて帰って来れて良かった(*^_^*)」


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。